民衆の敵の息子役は誰?鳥越壮馬(佐藤駿平)がかわいい!


現在第4話まで放送されている「民衆の敵」。

篠原涼子演じる主人公「佐藤智子(さとうともこ)」が会社を辞めて市議会議員になる、というストーリーが斬新で面白いのだが…

その佐藤智子の息子の「佐藤駿平(さとうしゅんぺい)」がとてもかわいいんですよ!

今回はそんな佐藤駿平と、その役を演じる子役の“鳥越壮馬”くんについて書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

鳥越壮馬くんてどんな子?

まずは壮馬くんのプロフィールについて紹介していきましょう!

公式のプロフィールによると、2012年2月18日生の5歳(2017年現在)だそうです!

そして実は他の番組にも結構出演しているようです。

NHK大河ドラマ「真田丸」や、日テレの「ボク、運命の人です」,「ヒガンバナ」など、実は出演していたそうです。

フジテレビ系ではゴールデン帯のドラマでは「民衆の敵」が初のようです!

しかも主人公の息子という大役!

バンダイや花王のCMにも出ているみたいですよ!

どうやらこの動画の2つ目のCMに出てくる男の子が鳥越壮馬くんのようです!



目がくりくりしてて可愛いですね!

ここから見ると今はだいぶ大きくなった感じがします!

所属事務所のセントラル株式会社の公式インスタグラムによると、壮馬くんは「電車が大好き」だそう。

ドラマの衣装合わせに行った際に電車がたくさん見れて満面の笑みの壮馬くんの写真が載っています。

投稿時期からみて、「ボク、運命の人です」の衣装合わせでしょうか?

とっても笑顔がかわいい鳥越壮馬くん。

今後の「民衆の敵」での演技も気になりますね!

佐藤駿平という役

では、「民衆の敵」で鳥越壮馬くんが演じる「佐藤駿平」という役について考察していきましょう。

まず佐藤駿平という役は、母親の佐藤智子と田中圭演じる父親の佐藤公平の間の子供である。

親が2人とも「悪いことには正面から『悪い』という性格」であり、それが仇となり2人とも会社を辞めてしまうのだが、そんな2人の息子だけあって駿平は本当に素直でいい子だ。

思ったことを素直に言うところも親に似たのだと思うが、感謝の気持ちなどを伝えるシーンも多く、全ての視聴者が「あぁ、なんていい子…」と思っているであろう。

そんな駿平の笑顔のために篠原涼子演じる佐藤智子は日々頑張っているわけだ。

今後も、駿平の一言が智子の原動力に繋がるようなシーンが出てくるのではないでしょうか?

佐藤駿平は、何かと波乱の多いこのドラマのキーパーソンとなっていく存在なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

さいごに

今回はドラマ「民衆の敵」で佐藤駿平役を演じる鳥越壮馬くんについて書いてきました。

本当にかわいらしい子役なのですが、あまりネット上に情報がなく、今後の活躍も未知数といったところでしょうか。

「民衆の敵」での佐藤駿平という役が、壮馬くんを世に知らしめるものになっていくかもしれませんね!

今後どのような子役になっていくのかとても楽しみです!

今回の記事はここまで!最後まで読んでくれてありがとうございます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする