山田佳奈実って誰?先に生まれただけの僕の三田ほのかの役柄は?

現在放送中の土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」。

この生徒役として出演中の“山田佳奈実(やまだかなみ)”さん。

「三田ほのか」という優等生役を演じているわけだが、一体どんな人物なのでしょう?

今回はそんな山田佳奈実さんと山田さん演じる三田ほのかという役柄について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

山田佳奈実さんの「プロフィール」

まずは、山田佳奈実さんのプロフィールについて紹介していきましょう。



誕生日: 2000年5月5日
星座: おうし座
出身地: 静岡県
特技: ダンス

出典:ザテレビジョン(https://talent.thetv.jp/person/2090006931/)

山田佳奈実さんはダンスが得意ということで、映画「チア☆ダン」にも出演されていたようです!

この映画は福井県の福井商業高校のチアダンス部が全米を制覇した実話をもとにした話です。

実は僕の友達のお姉さんが全米制覇時にこのチアダンス部に所属していたので映画化されたときはテンションが上がりました!

個人的な話です、すみません。(笑)

また、山田佳奈実さんは、バスケットボールも得意なようですよ。

「三田ほのか」という役について

そして今回山田佳奈実さんがドラマ「先に生まれただけの僕」で演じる三田ほのかという役柄について紹介と考察をしていきたいと思います。

三田ほのかは蒼井優演じる真柴ちひろが担任をする2年3組の生徒であり、学級委員長を務める優等生だ。

2年3組が京明館高校のオープンキャンパスを取り仕切ることになった時も、クラスをまとめるシーンも見受けられましたね!

そんな優等生の三田ほのかが今週11月25日放送の第7話では「学校を卒業したら結婚して専業主婦になりたい」と言い出すようだ。

相手はバイト先の12歳年上の店長だそうです。

相手方も真面目な青年のようで、真剣に結婚を考えているようだ。

しかし、櫻井翔演じる校長の鳴海涼介は、この結婚という決断を間違っていると感じる。

鳴海は今回はどんな言葉で三田ほのかを説得するのでしょう?

毎回社会のリアルをもとにした鳴海校長の名言には心に刺さるものがあります。

今回もどんな名言が飛び出すのか楽しみですね!

なお、山田佳奈実さんは自身のTwitterで「3ヶ月間現場にいさせてもらいましたが、本当にこんな学校があればいいのにな、と思うような学校でした。」とコメントしている。

このドラマのように全国に教育革新が広がっていくといいですね!

スポンサードリンク

さいごに

今回は「先に生まれただけの僕」に出演中の山田佳奈実さんと、「三田ほのか」という役について書いてきました。

今週放送の第7話では山田佳奈実さん演じる三田ほのかという役にスポットがあたるということで、そのことが今後の展開にどう影響してくるのかとても気になります。

また、このドラマの舞台「京明館高校」は出演者も本当にいい学校と感じるような学校となっています。

このドラマのように、ビジネス経験者と教育との化学反応は実際にもある話です。

僕が個人的に尊敬している元リクルートの藤原和博氏なんかもその1人かと思います。

このような価値観を持った人たちのもと、学校教育は変わっていかなければならない時代なのだと僕は思います。

「先に生まれただけの僕」はそんなことを教えてくれるドラマなのではないでしょうか?

今回の記事はここまで!最後まで読んでくれてありがとうございます!

「加賀谷希美」役の山田杏奈についてはこちら!
「加賀谷瑠美」役の白石聖についてはこちら!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする