上沼恵美子マヂカルラブリーに酷評。マヂラブの今後は?

12月4日に放送されたM-1グランプリ2017決勝大会。

毎年痛烈なコメントで会場をざわつかせる上沼恵美子さん。

今年もマヂカルラブリーへの酷評コメントが話題になっています。

今回はそんな上沼恵美子さんの酷評について考察してみました。

スポンサードリンク

マヂカルラブリーへの酷評


M-1グランプリの審査員の一人を務める「上沼恵美子」さん。

M-1決勝の舞台で上沼さんに気に入られた芸人は、自身がMCを務める「快傑!えみちゃんねる」への出演も決まるという。

今回そんな上沼恵美子さんに気に入られるどころか、酷評をもらってしまったお笑いコンビが「マヂカルラブリー」

確かにちょっと世界観が独特すぎてついていけない人も多そうでしたね。

また、笑いが起こってから次の笑いまでの時間が長いのも気になりました。

そんなマヂカルラブリーに上沼さん。

「みんなも一生懸命やってるし、私たち(審査員)も一生懸命審査してる!」とあたかもマヂカルラブリーがふざけているかのような言葉を投げかけた。

これに対し、「僕らも一生懸命やってますよ!」と反発するマヂカルラブリー野田。

「一生懸命やってるのはわかったが好みじゃない!ようここまで残れたな!」と上沼さんが一刀両断した。

この上沼さんの意見にはネットでも賛否が分かれるようだ。

その中でも僕が一番納得した意見を載せておくと、
「場がシラけるからガチ説教は楽屋でやってほしい。説教をしてもいいがあくまで番組内では笑いに変えて欲しい。」というもの。

確かに上沼さんに司会の今田さんがコメントを振った瞬間からどことな~く嫌な空気感が漂っていた。

説教の内容もだが、とても「愛のある説教」といった感じではなく、ただ単に好みじゃないネタを披露したマヂカルラブリーへの嫌悪感をあらわにした、といった印象でした。

はっきりと自分の意見を言うことはとても素敵だと思うんですが、自分の発言力というものをぜひもう少し意識していただけたらいいのかな~と個人的には思いました。

「M-1」という新たなスターが誕生する場で逆に若手を潰してしまうような発言をしてしまうのはいかがなものかと思います。

いくら好かなかったとしても4000組以上の中から選ばれた実力者10組なのですから、その若手たちの今後につながることを言ってあげるべきだな~、と思います。

そういった意味では博多華丸大吉の大吉さんなんかは、いいところを褒めたうえでもっとこうすれば得点が伸びたのに、というアドバイスをしていてとても好印象です。

マヂカルラブリーの今後はどうなる?

それでは今後のマヂカルラブリーはどうなってしまうのでしょうか?

過去の上沼さんの「NON STYLE」への発言を元に考察していきたいと思います。

今でこそ大人気芸人の「NON STYLE」だが、彼らがM-1チャンピオンになった時も上沼さんの「トークはあんまり面白くないが…」という発言があった。

その当時は準優勝した「オードリー」の方が売れっ子になってしまう、などと優勝した割には不遇な扱いだった「NON STYLE」。

これも僕個人の意見ですが「上沼さんの『トークは面白くない』発言がなければもっと早くNON STYLEは勢いに乗っていた」と思うんです。

その後も賞を受賞したり、2人のキャラで笑いを取って今となっては超人気者となったNON STYLEを本当に評価すべきです。

ってか、彼らはトークもめっちゃ面白いですしね。(笑)

何にしても酷評をされてしまった「マヂカルラブリー」が今後売れるかどうかは彼らの頑張りと実力次第。

NON STYLEのように実力で上沼さんを見返せるくらい売れるといいですね!

マヂカルラブリーの2人も立ち直ったようで「ここからの1年は上沼さんを笑わせるための1年にしたい」と語っているようです。

スポンサードリンク

さいごに

今回はM-1グランプリでのマヂカルラブリーに対する上沼恵美子さんの酷評について考察してきました。

ネットでも賛否が分かれている今回の件ですが、皆さんはどのように捉えられているでしょうか?

今後のマヂカルラブリーの活躍にも注目していきたいですね!

今回の記事はここまで!最後まで読んでくれてありがとうございます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする