大城バネサって誰?アルゼンチン出身の演歌歌手が爆報THEフライデーに出演!

アルゼンチン出身の演歌歌手“大城バネサ”さんが11月17日放送の「爆報!THEフライデー」に出演するということで、どんな人物なのか調べてみました!

僕は大城バネサさんのことをこの番組で初めて知ったのですが、なかなか面白い経歴をお持ちのようです!

スポンサードリンク

大城バネサさんのプロフィール

まずは簡単に大城バネサさんのプロフィールについて書いていきましょう!

まず僕は大城バネサさんのこの「バネサ」という名前が気になったのですが、彼女はアルゼンチン出身であり、どうやら本名のようです。

歳は1981年11月26日生まれの35歳だそうです。

アルゼンチン出身でありながら、演歌歌手であり、今年発表された新曲「今帰仁(なきじん)の春」でも故郷のブエノスアイレスが歌詞に出てきます。

番組表では、「元祖外国人歌手」と紹介されていますが、父は沖縄生まれの日系1世、母は祖父母が沖縄出身の日系2世だそうです。

ということは、国籍はアルゼンチン人ですが、血筋は日本人ということですかね?

親が沖縄の方だからなのか、自身の楽曲も沖縄民謡をベースにしたような楽曲が多いようです!

なんとなくですが、お顔は元AKB48の前田敦子さんに似ているような気がします。(笑)

歌手としての活動

それでは、アルゼンチン出身の大城バネサさんが、なぜ日本で演歌歌手としてデビューしたのでしょう?

そのきっかけとなったのが、2001年に行われた「NHKのど自慢大会」
これに優勝したことでスカウトを受けたのだとか。

その後も「NHKのど自慢・チャンピオン大会」で外国人としては初のグランド・チャンピオンに!

かくして「元祖外国人歌手」として売り出されていった、といったところでしょうか?

もともと祖父母の影響で、沖縄民謡や日本の音楽とは幼少の頃から慣れ親しんでいたようだ。

子供の頃から大好きだったことで成功することができるというのは素晴らしいというか、羨ましいですね!

僕も小・中・高とサッカーをずっと続けてきましたがついにサッカー選手になることはありませんでした。
というかそうなるまでの情熱もありませんでしたが。(笑)

大城バネサさんがNHKのど自慢大会に応募したきっかけは憧れの坂本冬美、鳥羽一郎が出演することを知ったからだそうです。

人生本当に何があるかわからないですね!

僕も偶然で人生がいい方向に転んでいくことってよくあることだと思うので、その偶然となるきっかけをたくさん作っていくことが大事だな~なんて感じている今日このごろです!

やはり成功している人は運も持ち合わせているということでしょうか?

スポンサードリンク

さいごに

今回は外国人演歌歌手”大城バネサ”さんについて書いてきました。

「元祖」外国人歌手という響きも個人的にはかっこいいな、と思いました。
一番最初に何かを成す人って素晴らしいと思うんですよ!

バネサさんのように、好きなことで生きていけるということは本当に素晴らしいことだと思います。

みなさんもどんな偶然がこの先待っているかはわかりませんので、何かきっかけになりそうなことを積極的に始めてみてはどうでしょう?

今回の記事はここまで!最後まで読んでくれてありがとうございます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする