名医が実践する風邪の予防法ランキング!林修の今でしょ講座。

11月21日放送の「林修の今でしょ講座」で風邪の予防法に関する内容が放送された。

これから寒くなってくる季節に役に立ちそうな情報がたくさん紹介されていたのでまとめてみました!

それではご覧下さい。名医100人に聞いた「風邪の予防法ランキング」!

スポンサードリンク

7位「朝、ホットヨーグルトを食べる」

ヨーグルトを食べて腸内環境をよくすることで、善玉菌が増えて免疫力が上がるそうです!

また、「ホット」ヨーグルトにすることで体温も上がり免疫力が上がるようです。

体温が上がると免疫細胞が活性化し、風邪の予防になるのだとか。

ということで、寝起きの一番体温が下がっている朝にホットヨーグルトを食べることが風邪の予防として良いようです!

美容にも良さそうですね!

6位「洗濯物は部屋で干す」

湿度が40%以下の乾燥している空気中ではウイルスは宙に浮いている状態なのですが、湿度が40%以上になると重みでウイルスが床に落ちるようです!

そこで、洗濯物を部屋干しして湿度を上げるといいようです!

加湿器を置く場合も普段空気を吸う顔の高さにおくと効果的だそうです!

部屋の湿度を保ち、ウイルスを床に落として風邪予防をしましょう!

これは知らず知らずやっていましたが、確かに近年僕はほとんど風邪をひいていないです。

5位「朝起きたらすぐ歯磨きをする」

口の中のウイルスは夜間に増加することが知られている。

ということで朝起きたら、まず口の中をきれいにすることが重要だそうです。

また、ウイルスは上気道感染のため、胃に入ってしまえば大丈夫ということで、朝起きたら温かいものを飲み、ウイルスを飲み込んでしまってもいいようです!

僕は朝ご飯の後に歯を磨く派だったのでこれは順序を逆にしたいですね。

4位「寝るときにマスクをする」

口元が乾燥すると粘膜がウイルスにやられやすくなり風邪をひきやすくなるようです。

マスクをすることで、口元の保温・保湿し、口元の乾燥を防ぐことで予防になるようです!

部屋の湿度を保つことでも予防になるようですので、濡れタオルを1枚部屋に干しておくと、一晩湿度が60%程度に保たれるのだとか。

湿度を上げすぎるのも良くないようですが。

マスクが苦手な僕はタオルの方を試そうかと思ってますね。

3位「豚の生姜焼きを食べる」

生姜は熱を加えると「ショウガオール」という体温を上げる効果のある成分を作るそうです。

また、豚肉に含まれる「ビタミンB1」は体の免疫細胞を活性化させるようです。

この2つを同時に摂取することで相乗効果を発揮し、免疫力が上がるのだとか!

僕も豚の生姜焼きは大好きなので、嬉しいランクインです!

2位「緑茶でうがいをする」

喉に付着したウイルスが風邪の原因になるので、喉からウイルスを洗い流す必要があるようです。

さらに、緑茶の「カテキン」はウイルスの増殖や活性化を防ぐ作用があるのです。

なので、うがいは緑茶ですると効果的だそうです。

また、熱いお湯でいれたお茶の方がカテキンの量がおおくなりさらに効果的だそうです。

定期的(20分おきとか)にお茶を飲むようにするだけでも効果があるようです!

1位「帰宅後、手だけでなく顔も洗う」

手を洗っても顔に菌がついていたらまた手で顔を触ってしまい、また菌が付いてしまうのです。

帰ってきたら、顔くらいは洗ったほうがいいとのこと。

できるだけ菌を減らすことで予防をする、という考え方のようです。

スポンサードリンク

さいごに

今回は、風邪の予防策について書いてきました。

名医に聞いただけあってどれも理にかなっていますね!

これから寒くなってくるこの季節、しっかり予防して冬をのりきりましょう!

今回の記事はここまで!最後まで読んでくれてありがとうございます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする